開炉の茶会

一気に秋めいた日に炉開きをいたしました。

今年は炉の季節の短さにとまどいを覚えましたが、こうやって無事集いがかない、

心新たに炉でたてるお茶を味わえますことに、ありがたさを感じております。

 

寄り付きには 大田垣 蓮月の短冊を

「冬山家 ほしがきの軒にやせゆく山里のよあらし寒くなりにけるかな」

f:id:renjikoh:20201211132700j:plain

太田垣蓮月

本床には 春見 文勝「紅葉舞秋風」

花はようやく咲き始めた 侘助を一重切 竹花入に。

先月より 集った方々にさして頂く趣向に。

初体験の殿方曰く、(用意された全ての花-白侘助,南天照り葉,磯菊、嵯峨菊)を

さしたい!というお気持ちをおしとどめ、先月担当のKさんがアドバイザーとなって

下さり、かように立派なものとなりました。

f:id:renjikoh:20201211133443j:plain

本床

香合は、吉田 仙萩「萩 松毬 香合」

 

鈴木 盛久「布団 釜」

茶平 一斎 「真塗 炉縁」

高野 昭阿弥「染付蜜紺 水指」が華やぎを与えてくれます。

f:id:renjikoh:20201211133716j:plain

水指

谷村 丹後(造)立花大亀(箱書花押)「銘 聴松 茶杓

 

お薄は 大樋年郎「長之字 安南 茶碗」

こちらは初期の作品とあって、珍しいと人気でした。

石井 不老「赤楽 茶碗」は

ぽってりと手にあたたかみが感じられる色合いです。

 

清閑寺窯「色絵六瓢 蓋置」

こちらも品があり、炉開きにふさわしい蓋置かと。

f:id:renjikoh:20201211134059j:plain

蓋置

お約束の猪子餅は、成城あんやでお取り寄せ。

「南蛮金箔散 菓子器」がまた調和を与えてくれます。

f:id:renjikoh:20201211134405j:plain

猪子餅

次回は、年明け末日にみなさんお元気で再会を願いつつ。

蓮のカタログは 一月十一日頃よりお手元に届く予定でおります。

現在ばりばり作成しております。

皆様よい年末年始をお迎えくださいますよう。

なごりの茶会

今年は例年以上に季節の巡りがはやく感じられました。

そのような中で、なごりの茶会が開かれました。

寄付には、

 小堀 正和(歌)狩野 探原(画)「山里を憂き身のほとのやどりとは すまておもひし心なりけり~払子画賛」

お歌は、 小堀流九世。

孤篷庵で育ち、茶を父宗中に学ばれ、宗中とともに道具の目録である
『過眼録』の編纂、古文書の整理を行われました。

画を狩野派に学びまた能書家の名が高い方です。


 画は
 狩野探淵の長男、鍛冶橋狩野家をつぐ。江戸城本丸・西の丸の障壁画制作に参加。
 慶応二年没三十八歳

 

f:id:renjikoh:20201102130853j:plain

寄付

 

本床には

 烏丸 光広「神無月 ふりみふらずみ さだめなき 時雨ぞ冬の初めなりける」
裏書 御宸翰 有
別号/烏有子/泰翁/宗山

 江戸時代前期の公卿で正二位権大納言。博学多識で歌道は細川幽斎

書は定家、光悦流を学び能くされた。寛永十五年歿六十歳

香道御家流でも愛好される、名高い方です。
 
意味は、

十月になり、降ったりやんだりと不規則に降る時雨は冬の始まりを感じさせる。

f:id:renjikoh:20201102131250j:plain

本床

 

 

花入 虎竹 みの虫籠掛花入
花、藤袴、水引、杜鵑、野紺菊、浜菊、山帰来、菊芋

スタッフが丹精した秋の花々を、

参加してくださった方がいけて下さいました。

 

畦地 多喜翁 「胡桃の香合」乾漆

開くと中は金で鮮やかです。

f:id:renjikoh:20201102131445j:plain

香合

芳明(詳細不詳)「桑 棗」

素朴な木地が なごりの風情をひきたてます。

 

海野宗秦(造)立花大亀(箱書)「銘 山里 茶杓

 

三代 原 晃悦「雲龍釜」


加藤 了三「やつれ 風炉

f:id:renjikoh:20201102131711j:plain

風炉



陶板「織部 萩絵」

宗陵「細 水指」志土呂会会員

 

f:id:renjikoh:20201102131756j:plain

細水指

「高麗 茶盌」(へら、切高台)

腰半分ヘラ跡が美しいお茶碗です。

撮影し忘れたので、後日ご紹介できれば、と思っております。

 

奥田 頴川「頴川赤絵 茶碗」
江戸中期の陶芸家。九州以外での磁器の製造に成功し京焼の発展に貢献。
 また染付、赤絵、交趾等のそれまでの京焼にない作風で、当時の有望な陶工、
 木米や道八等に大きな影響を与えた人です。文化八年歿五十八歳

 

f:id:renjikoh:20201102131827j:plain

赤絵茶碗

「槌目 建水」
「竹 蓋置」

 

 野坂 江月窯「萩 菓子器」には
 鶴屋吉信「栗 みやび」

 

f:id:renjikoh:20201102132033j:plain

主菓子

尾崎 谷斎「奇石水泉刀 桐四方盆」

風流堂「山川」

紅白の二種類ありました。

f:id:renjikoh:20201102134005j:plain

干菓子

谷斎は初め茶道具の目利きを習い、その後21歳で浅草派の玉陽斎光雛に根付を師事。

四年の修行を経て弟子二人を得ます。

象牙よりも鹿角を好んで使用。仏具・蝙蝠・霊芝(茸)の作品が多く、

その独特な作風で時代の人気を得、当代人気番付にも頻繁に登場。

谷斎ものを持たない芸者は本物ではないとまで言われました。

具材の安い鹿角に芸術的価値を持たせることが谷斎の本領であり、作品自体の特異性に加え、作者名の刻印に特徴があります。

九代目 市川團十郎が、注文してからなかなか届かず、しびれを切らしてお金に困っているだろうと小判金十両を送りつけたところ、

馬鹿にするなと怒ってその小判に、

「金十両確かに受領せり」

と彫って突き返したという逸話があります。

根付師としての活動は1870年前後が中心でした。

 

来月はいよいよ炉開きです。

天候にも恵まれますことを願いつつ。

 

 

 

満月に想う 茶会

先の中秋の名月は見事でした。

蓮では一足はやく、お茶会で満月にちなんだ、心地良い秋のお茶会を開きました。

寄付には 松本 交山「猿猴捉月 対幅」

f:id:renjikoh:20201009171314j:plain

松本 交山「猿猴捉月 対幅」

本床には 西部 文浄「掬水月在手」

 

f:id:renjikoh:20201009172019j:plain

西部 文浄

「時代 螺鈿光琳蒔絵 兎 香合」

 

f:id:renjikoh:20201009171944j:plain

香合

花は手付花籠へ 尾花と萩を。

 

釜は三代 原 晃悦

f:id:renjikoh:20201009172137j:plain

雲龍釜 」

六代 大西 浄元(造)般若 勘渓(箱書)「鐡 眉風爐」

織部焼 敷板に

f:id:renjikoh:20201009172302j:plain

「鐡 眉風爐」

 

 

鈴谷 鐵五郎「棗 鈴虫」はまさに音色がきこえてきそうです。

f:id:renjikoh:20201009172543j:plain

奥村 考山「粉引 水指」

f:id:renjikoh:20201009173844j:plain

「粉引 水指」

 

中里 重利(造)立花 大亀(花押箱書)「銘 月の桂 絵唐津 茶碗」

 

f:id:renjikoh:20201009172728j:plain

 

初代 須田 青華「安南 蜻蛉 茶碗」

 

f:id:renjikoh:20201009173308j:plain

「安南 蜻蛉 茶碗」

福森 阿也「秋草 蓋置」

f:id:renjikoh:20201009173548j:plain

「秋草 蓋置」

茶杓は 加藤 淡斎「銘 秋乃山」

野に出て満月を

久世 宗春「田楽 箱 六客」
 今木屋 の月見団子で

f:id:renjikoh:20201009174229j:plain

「田楽 箱 六客」

 

次回は十月末 風炉最後のお茶会となります。

台風などで被害が出ませんようお祈りしております。

 

 

 

 

 

 

 

「火中蓮」

九州地方はじめ、この度の豪雨の被害にあわれた
皆様へ心よりお見舞い申し上げます。
広島はじめ、ようやく鉄道が復興した地域も、重なる豪雨に何事も
なき様お祈りしております。

昨年秋以来の茶の集い、折しも店頭の蓮の開花と重なり

「火中蓮」の趣題でとり行いました。
蓮をはじめ、寄付短冊、本床お軸もお釈迦様ゆかりのものを集めてみました。

野生司 香雪「鹿野苑にて」

ろくやおん と読みます。

f:id:renjikoh:20200701170718p:plain

寄付 短冊

峩山 道顕「火中蓮」
短冊、お軸、いずれも
仏陀生誕地インドのジャータカ物語に登場する動物たちの

逸話をもとにされました。

お釈迦様がインドご生誕前、ヒトや動物として生を受けていた

前世の物語とされています。
絵本もあり、読み聞かせたものは未だ手元にあります。
今回お話まで紹介がかないませんが、是非一度ふれて頂きたく。

 

本床花入は
宮田 藍堂「青斑紫銅古代式細口花入」
この方は新潟佐渡で制作、弟子に、後に人間国宝となった

佐々木象堂がいます。

f:id:renjikoh:20200701171659j:plain

本床 

 

香合は、本物?と思わず手を触れたくなる
二代 中川 正斉「乾漆 笹舟に蛙」

f:id:renjikoh:20200701172330j:plain

香合



「時代 鉄 切合鬼面風炉釜」
蓮の葉に露ひとつ 大野鈍阿「舟形 焼き〆水指」

蓮の葉が、どっしりとした鈍阿の水指と呼応している様が心に残りました。

f:id:renjikoh:20200701172948j:plain

風炉・釜、水指

f:id:renjikoh:20200701172708j:plain

糸蜻蛉 硝子茶器


インスタグラムでもご紹介した 糸蜻蛉 硝子茶器。

大島 宗歌さんの絵付の、

蜻蛉の羽の涼しげな軽やかさが伝わります。


竹田益州(筒書花押) 光春(造)「銘 清友」茶杓

筒井寛秀(箱書)「瑠璃 碗」
「色絵露草画 茶碗」など複数の茶碗にて

 

f:id:renjikoh:20200710114322j:plain

「瑠璃 碗」

こちらも以前ご紹介した「蓮 七宝皿」には
私のお気に入り、紫野和久傳「西湖」

f:id:renjikoh:20200710114932j:plain

主菓子

「銘々へぎ」には「蓮の実」と諸た星「濃茶 落雁」を

f:id:renjikoh:20200710114958j:plain

干菓子(各々とりわけております)


 

マスク アルコール準備万端で緊張しつつ
久しぶりに互いの無事を祝し、再び集えたことに感謝を捧げました。

次回は盛夏の来月末を予定しております。

また皆様に趣向をこらした集いをご紹介できますことを願っております。

コロナ感染防止協力につきまして

ブログでのご報告が遅れましたが、ホームページトップに掲載しております

通り、東京都感染防止協力をうけて、

蓮店頭での販売はしばらくの間 とりやめさせて頂いております。

ホームページ、カタログでのご注文は、お電話、メイル、

24時間対応FAXなどで承っておりますので、

どうぞよろしくお願い申し上げます。

一日も早い解決が待ち望まれますが、長期戦となりそうです。

自粛解除後も、ご来店は予約制、マスク着用ご協力の程、

よろしくお願い申し上げます。

皆様のご健康をお祈りしております。

雛祭りの茶会

春もそこまでというのに不安な空気に包まれています。

穢れを払ってくれるお雛様にちなんでお茶会を開きました。

雛祭りはもともと中国の「上巳(じょうし)」の節句、旧暦三月三日に

水辺にて身を清め、穢れを払う習慣があり、 これをもとにこの日に穢れ

払いの儀式が行われるようになったそうです。

奈良時代には紙でできた人形(ひとかた)が登場し、平安時代には

人形に厄を移して川に流す「流し雛」も誕生。
その昔、医療や衛生状態の未発達により、成人する前に命を

落としてしまい、親は子が無事に成人するまで健康でいられるよう祈りを

込めて、厄払いをしました。
平安時代には、貴族の女の子たちの間で「雛遊び(ひいなあそび)」が

流行しました。
紙でつくった人形を、同じく紙でつくった御殿のなかで遊ばせますが、
単なるままごとと違うのは、人形が男女一対だということ。
現在の様式に近づいたのは江戸時代の後半~昭和にかけてだそうです。

 

雛祭りには桃と蛤が欠かせませんが、その由来は

平安時代には「貝合わせ」遊びなどで知られ、
蛤の貝殻は、対になっている貝殻でなければぴったりと合いません。
このことから、仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げるようにと
いう願いが込められた縁起物となりました。

 

桃は2500年ほど前に中国で栽培され、古来より様々な書物に桃の記録が

見られます。
桃の花は厄払いや魔除け、長寿をもたらす力も持っているといわれています。
桃が持つ不思議な力によって人々が救われたという数多くの伝説からも、
生命力の象徴ともいえる桃をひな祭りに飾る様になりました。

寄り付きには 蛤におもきをおいて、

山本 紅雲「鯛」を。

f:id:renjikoh:20200226165151j:plain

本床には 大田垣 蓮月

「このとのにけふ咲花はいくちよのもゝ悦のはじめなるらん 立雛画賛」

f:id:renjikoh:20200226165135j:plain

本床

桃のよい枝を唐銅耳付花入に あえてそのままさしました。

香合はひとひねりして、

坂本 旭窓(花押造)「子安貝 香合」

f:id:renjikoh:20200226165122j:plain

こちらは元々は酒盃と珍味入であったものを、蓋と底を造り香合としたもの。
箱書に記載があります。

加藤 了三「霰筒釜」はこの時期ならではの吊り釜として。

尾張藩御釜師。

f:id:renjikoh:20200226165223j:plain

吊り釜

ですので蓋置には 鈴木 盛久「蓋置 五徳」が使えるのです。

ミニチュア愛がかきたてられます。

f:id:renjikoh:20200226170444j:plain

五徳 蓋置

宮田 宗景「白網干蒔絵 棗」

網干には網を干して皆祭りにいってしまったという意味があり、豊年大漁を表します。

鷲尾 隆慶(箱書花押)「以東大寺古材作之 茶杓

元永 彰一「高取 四方水指」

f:id:renjikoh:20200226170715j:plain

高取 四方水指

お茶碗は 十代 長岡 空處「楽山焼 雛画 茶碗」

松平不味の御用窯、出雲楽山焼、昭和三十五年十代長岡住右衛門を襲名。

f:id:renjikoh:20200226171426j:plain

十代 長岡 空處

主菓子は 今木屋さんの「花団子」

音羽山窯「都鳥」のお重と小皿に添え、色が映えます。

f:id:renjikoh:20200226165018j:plain

主菓子

お干菓子は 平安堂「高杯 古代朱 研出」に

同じく今木屋さんの 雛あられを。

朱塗が雛祭りの華やいだ雰囲気を伝えてくれます。

f:id:renjikoh:20200226172544j:plain

「高杯 古代朱 研出」

来月は桜の便りが届く頃ですが、皆様お大切にお過ごしください。

 

鬼遣いの茶会

一月も今日が最後という日に、鬼遣いの茶会を開きました。

炉開き以来、久しぶりのお茶会です。

昨日とうってかわって北風が肌寒い中、鬼遣い節分の趣向といたしました。

寄付には、益田 克徳「椿之図」を。

f:id:renjikoh:20200131181944j:plain

椿の図

この方は数寄者益田鈍翁の弟君にあたります。

鑑識に長じ、兄君鈍翁とともによく茶会を行われたそうです。

 

本床には、高畑 式部(筆)五代 福田 隋竹庵(箱書)「お福 自画賛

七ふしの/竹のふしふし/千世こめて/ふくやおふくが/ふときふえのね」

太田垣蓮月と共に桂門女流として名高い方です。

箱書は、藪内流宗匠 四代節庵宗匠のお子です。

 

f:id:renjikoh:20200131181352j:plain

お福 

花入れは 山崎如悦「二重切煤竹 花入」

日本茶道学会 田中仙樵甥御さんにあたります。

店の紅梅を添えました。

連日の暖かさで、散ってしまうのではないかとはらはらいたしました。

f:id:renjikoh:20200131182045j:plain

本床

香合は 川崎 和楽「鬼之忘れ形見 黒楽 香合」
 

f:id:renjikoh:20200131183500j:plain

「鬼之忘れ形見 黒楽 香合」

忘れ形見とは 鬼の金棒です。

 

f:id:renjikoh:20200131183816j:plain

織部 筋釜


釜は、初代 畠 春斎「織部 筋釜」

このお釜はどんな趣旨の会でも しっかり受け止めてくれる存在です。

 

炉縁は「掻合 面青海波蒔絵 」

 岡本 陽斎「春秋 棗」

f:id:renjikoh:20200203154633j:plain

春秋 棗

北川 永斎(上絵師)「神戸薩摩 砂金袋 水指」

f:id:renjikoh:20200203154838j:plain

砂金袋 水指

華やかな金運招く水指となりました。

 

お茶碗は 十代 上林 清泉「茶の花画 筒茶碗」

この方は、幕末期の宇治茶師、本業たる茶師の仕事のみならず、宇治で、「茶の木人形」と呼ばれる人形を創案されました。茶の古木を値付けほどの茶摘女の姿に彫り、彩色を施したもので、奈良人形(一刀彫)に似た趣きがあります。

また画筆にも優れた清泉は多くの絵画を遺しています。

享和元年美濃岩村の金森家(茶人・金森 宗和)の家系に生まれ、文政十一年上林牛加家の養子となられています。 明治三年歿

f:id:renjikoh:20200203155941j:plain

菜の花画 筒茶碗

 

小春「刷毛目 花三嶋 茶碗」

三島茶碗にはいくつか種類がありますが、このお茶碗は 刷毛、花、檜垣等、

ひとつで楽しむことができます。

f:id:renjikoh:20200203160042j:plain

刷毛目 花三嶋 茶碗

主菓子は たねや「厄除 饅頭」

節分にちなんで升に合わせました。

f:id:renjikoh:20200203155255j:plain

厄除け饅頭



お干菓子は 京都緑樹庵 梅あられ金平糖と 節分豆です。

へぎ四方盆に お年の数だけ、ともいきませんが、皆さんと和気藹々と頂きました。

f:id:renjikoh:20200203155554p:plain

節分豆と梅あられ

 

来月はお雛様を予定しておりますが、お花がこの暖かさでどうなるでしょうか?

カタログ最新号の受付も始まりました。

春のお道具書画満載です。

是非ともご高覧下さいませ。