七夕のお茶会

七夕のお茶会を開きました。

梅雨と台風などで豪雨が続きます。

九州関西の方々には、どうか被害無く過ぎてくれますようにお祈りしております。

今月は七夕。

大宮八幡で名水御神水を賜り、そのお水でお茶を点てることとなりました。

「多摩の大宮」と云われた武蔵野の地に沸いたため名水となり、今も大宮八幡宮境内の多摩清水社からは御神水が湧き出ています。

朝早くスタッフが汲んできてくれました。

 

f:id:renjikoh:20190703142155j:plain

大宮八幡宮

 

f:id:renjikoh:20190703142046j:plain

f:id:renjikoh:20190703142004j:plain

神水

蓮の手水に注ぎ、頂いた短冊を笹に飾ります。

f:id:renjikoh:20190703142447j:plain

蓮の手水

 

 

f:id:renjikoh:20190703142515j:plain

大宮八幡宮短冊

寄付には今村 紫紅「七夕そよがせ 黒き家並み 画賛」を涼しげな短冊掛に。

f:id:renjikoh:20190703143006j:plain

今村 紫紅 画賛短冊

 

f:id:renjikoh:20190703143124j:plain

本床には 流れる天の川を想い 玄法の「道」を

傍らには涼しげかつ清い白い山法師、その名も「織姫」

そして添える葉蘭は「天の川」です。

「釣舟花生」は天の川を渡らせ、牽牛、織り姫を会わせててくれましょうか。

 

香合は「かうち(交趾)糸巻 香合」

交趾は、中国南部で生産された陶磁器の一種で、ベトナムのコーチシナ(交趾支那

との貿易で交趾船によりもたらされたことに由来する名称とされています。

 

f:id:renjikoh:20190705110355j:plain

本床

西村 道爺 /大西 浄長(折紙)「四方雲龍 釜」「小型 唐銅 鬼面 風炉

蓋置は「唐銅 一閑人」

「木地 釣瓶 水指」が新鮮に映ります。

西村道爺氏は京都三条釜座に住し、表千家七世 如心斎宗左(1705~1751)の頃に活躍した西村家四代釜師です。 原叟時代から如心斎時代の名工とされ、 西村家代々「道や(弥・也・爺)」を名乗った処から、俗に「ててどうや」との呼称があります。

大西 浄長氏は千家十職釜師大西家、十二代長男。

f:id:renjikoh:20190703143933j:plain

釜、風炉、水指、蓋置

相上 俊郎「木地 内金 棗」

f:id:renjikoh:20190703144522j:plain

相上 俊郎「木地 内金 棗」内側

茶杓は成瀬 宗巨「銘 七夕 茶杓

 

f:id:renjikoh:20190703144722j:plain

茶杓 銘 七夕

涼しげな主菓子の器として、益田 芳徳「ぐらすはち」に亀廣永「したたり」を。

こちらは京都の地下水を使った、まさにこの時期こだわりのお菓子です。

f:id:renjikoh:20190703144900j:plain

主菓子

干菓子は亀屋良長「七夕」短冊を通す穴まで、きちんとあいております。

振り出しには金平糖を。

f:id:renjikoh:20190703145005j:plain

干菓子

いかがでしょうか?

ちょっといつもの七夕とは違った趣向を凝らしてみました。

次回は盛夏のお稽古となります。

皆様ご自愛くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

お軸の紹介

梅雨を迎え気温の上がり下がりが激しいですが、お変わりございませんでしょうか。

蓮では夏に向けてのカタログ受付が始まっております。

徳川 家達(賛)山名 貫義(画)

「柿本人麿図 久るるかと みれば明ぬるなつのよを あかすとやなく山ほととぎす」

f:id:renjikoh:20190613184657j:plain

和歌の部分

f:id:renjikoh:20190613184742j:plain

上部の絵

f:id:renjikoh:20190613184820j:plain

柿本人麿 図

今月はお茶会は来月始めに開きます。

また書画、お道具をご紹介させて頂きます。

 

#書画#徳川家#山名貫義#和歌山#紀州藩日本画#蓮#掛軸#美術館

 

瀟湘八景に寄せて

瀟湘八景に想いをはせたお茶会を開きました。

「鉄 瀟湘八景 八角風炉・浜松地紋 富士釜」こちらの風炉に描かれている

のが瀟湘八景です。

今回はそれにちなんだお道具や書画を集めてみました。

瀟湘八景とは、中国の山水画の伝統的な画題となっています。

またその八つの名所のことを指します。

瀟湘は湖南省長沙一帯の地域。洞庭湖流入する瀟水と湘江の合流するあたりを瀟湘といい、古より風光明媚な水郷地帯として知られています。

北宋時代の高級官僚・宋迪はこの地に赴任した際に、

この景色を山水図として描いています。

どっしりとした八角風炉とその上の富士釜にも、松原の景が描かれています。

f:id:renjikoh:20190531175746j:plain

瀟湘八景 八角 鐵風炉

 

本床には 大綱 宗彦(和歌筆)立花 大亀(箱書)「夏月」

f:id:renjikoh:20190531181446j:plain

「夏月」

来ぬ秋の 比可りを袖に まずみせて のぼれば涼し なつの夜の月
大綱 宗彦:大徳寺四百三十五世、和歌書をよくし茶に親しむ、

又永楽保全の後援者となる。万延元年歿八十九歳

立花 大亀:臨済宗紫野大徳寺塔頭霊山徳禅寺長老如意庵庵主。

平成十七年歿百五歳大阪生

 

三代 早川 尚古斎「水雞笛 花生」には涼やかな 

下野(しもつけ)、釣鐘草、縞葦を。

水雞(くいな)の花生とは、誘い出すために鳴き声に似せて

作られたそうですが、この形が鳥笛の形ににているのでしょうか。

 

寄付には 狩野 常信「高士観瀑図」

表装共々、とても素敵なお軸です。

f:id:renjikoh:20190531181650j:plain

「高士観瀑図」

茶杓は 小田 雪窓 宗甫「銘 古渓 竹茶杓

こちらは節の下中央が割れ目があり、まさに渓 の感有り、でした。

f:id:renjikoh:20190531185150j:plain

古渓

香合は 元岡 清斎「渓山柳翡翠 蒔絵 香合」

f:id:renjikoh:20190531181904j:plain

「渓山柳翡翠 蒔絵 香合」

お棗は 熊谷 秀穂「楓蒔絵 即中斎好 糸目 中棗」

お茶碗は 「楽焼 描分 平茶碗」

梅素(造) 十代 松尾 宗吾(箱書花押)「銘 渋団扇 魚々屋 茶碗」

とても味わいのあるお碗でした。

f:id:renjikoh:20190531183935j:plain

銘 渋団扇 魚々屋 茶碗

蓋置は 手塚 桐鳳「仁清写 青楓文 蓋置」

f:id:renjikoh:20190531184119j:plain

仁清写 青楓文 蓋置

来月が梅仕事月になりますので、一足早く、

鶴屋八幡 「青梅」を帯谷 宗生「トルコ青釉 鉢」に

鮮やかな色合いながら、涼をよんでくれました。

f:id:renjikoh:20190531184633j:plain

主菓子

干菓子は銀座鈴屋の季節限定「梅納豆」を「本漆溜塗 輪花鉢」に。

こちらは甘納豆の予想を裏切る 青梅のかりかり感と酸味で嬉しい

驚きでした。

f:id:renjikoh:20190531184956j:plain

干菓子

 来月はお休みで次回は七月となります。

七夕あたりとなりましょうか。

皆様急の暑さにお気をつけください。

 

季春のお茶会

季春のお茶会を開きました。

まもなく去る平成と、春を惜しむお茶会のご報告です。

まずは本床には 真巖 宗乗「花 為誰開」の堂々たるお軸です。

この季節にお茶席によく飾られる禅語ですが、

花は誰のために咲くのでしょうか、何のために咲くのでしょうか。
ありのまま自分の立ち位置にせい一杯の力を出してただ咲いています。
 花のありのままのすがた、天真自爾の妙境に遊ぶ境地を説いています。

 

お花は 菜の花、小判草、花みずきを「南蛮 花入」に。

香合は「隅田川焼 都鳥 香合」

紙釜敷も鳥のたゆとう水のイメージで選んでみました。

f:id:renjikoh:20190426171544j:plain

本床

棚は桑小卓です。

「平建水」「板橋 蓋置」若島 孝雄「芽張柳内霞 大棗」そして

南紀 男山焼 牛染付 水指」がぴったりあっていました。

 

f:id:renjikoh:20190426171827j:plain

桑小卓


f:id:renjikoh:20190426171712j:plain

佐藤 清光「透木釜 海老鐶」

 

奥田宗春(造)小林太玄(筒箱書茶杓花押)「銘 深みどり 茶杓

隅田川焼 都鳥 茶碗」

f:id:renjikoh:20190426173142j:plain

都鳥

 

f:id:renjikoh:20190426173232j:plain

橋づくし茶碗

五代 宮川香斎のお茶碗は橋に柳の 春の風情を感じて下さい。

f:id:renjikoh:20190426172416p:plain

主菓子

「花邑」巌邑堂 。大吟醸のお酒の香りが素晴らしかったです!。

天龍寺青磁 皿」に映えました。

 

「紫野」玉壽軒は 「真塗 四方盆」に。

 中にあの大徳寺納豆が入っています。

f:id:renjikoh:20190426172213j:plain

今回の趣向を感じて頂けましたでしょうか?

お軸の花からきて、花筏、橋、川、水鳥への流れ。

来月は新緑を御題に どんなお道具と出合えるでしょうか?

皆様すてきな休日をお過ごし下さいませ。

蓮は 日曜以外は無休で営業しております!

 

 

 

平成最後の釈迦誕生会 お茶会

今年もお釈迦様の誕生会の季節がやって参りました。

桜もちょうど咲き始め、少し華やかな雰囲気となりました。

お軸は毎年お馴染みの「誕生仏」です。

作者、東皐心越は、江戸初期の渡来僧です。

長崎興福寺に入り、水戸光圀に迎られ水戸天徳寺に住まわれ
水戸祇園寺、高崎少林山達磨寺を開山。

詩文・書画・篆刻など中国の文人文化を日本に伝えられ、
古琴は日本の琴楽の中興の祖、篆刻は独立とともに日本篆刻

祖とされています。元禄七年歿 五十八歳 。

床飾りは散華盆に散華 、 青釉天目 真塗天目台 五色豆を。

f:id:renjikoh:20190328165941j:plain

f:id:renjikoh:20190328170018j:plain

あま茶をおかけします。

f:id:renjikoh:20190328170119j:plain

散華

寄付には掛け物でなく、お釈迦様にちな様んで真葛 香山の

白磁 象」。白磁のきりっとしたシルエットが美しいです。

 

f:id:renjikoh:20190328170244j:plain

白磁の象

f:id:renjikoh:20190328170349j:plain

水指・茶杓・濃茶碗・茶器

水指は華やかな「仁清写 柳橋 手桶 水指」仁清 押印。

f:id:renjikoh:20190328172314j:plain

「仁清写 柳橋 手桶 水指」

「呉器 茶碗」

江戸初期から釜山に日本注文の茶陶を専門に焼く窯が開かれ、手本のある茶碗の意味で御本茶碗ともいわれています。釜山付近の陶土は赤い斑点の窯変が出ることが多かったため、その斑点も御本と呼ばれました。釜山窯閉鎖後対馬などで焼かれたものを対州御本、不昧の時代に日本に渡った茶碗を新渡御本という。特徴のひとつとして高台内の土のさらい方が独特で、へら目を残さず拭き取ったようになめらかです。

 

「醍醐花見之図 棗」佐久間 芳山 

こちらは陽ノ下でのお花見が浮かびます。

薄茶椀には杉本 貞光(造)立花 大亀(箱書)「如意 信楽 茶碗」

ほんのり桜色ですね。

f:id:renjikoh:20190328172449j:plain

「如意 信楽 茶碗」

今回お釜にもご注目を。

誕生会にふさわしいものが揃いました。

「尾上釜」佐藤 浄清

尾上釜は、天明作で、播磨の尾上神社の朝鮮鐘を模って作り、

この名があるといいます。
鐶付は獅噛、共蓋の摘みの形が鐘朝鐘の形をしていて、蓋裏に

「尾上の鐘」の文字が鋳出してあります。
朝鮮鐘は、朝鮮半島で主に統一新羅時代から高麗時代に鋳造

された銅製の鐘の総称で、中国の古銅器甬鐘(ようしょう)

の形式を受け継いだのではないかといわれています。

f:id:renjikoh:20190328171701j:plain

尾上釜

炉縁には 前田 南斎(代数不詳)「舎利木 爐縁」

枝や幹の一部分が枯れ、樹皮が剥がれて白色の木質が剥き出し

になります。その部分が、枝で起きると神(ジン)、

幹で起きると舎利(シャリ)と呼ばれることから、

こちらも誕生会にかけて選びました。

前田 南斎は、代々続く江戸指物師です。

伊豆諸島の御蔵島などの桑材で、精緻で品格ある工芸品を作り、

益田鈍翁はじめ多くの茶人・数寄者の後援を受け桑樹匠と云われる

家柄です。

 

 

そして誕生会には欠かせない、インドのラスゴーラ!Rasgulla!

庵主の大好物でもあります。

乳蛋白をレモンや酢、乳清を使って凝固させたチェーナーに、

重しをして水切りしてセモリナ粉を加え団子状にて茹でます。

この時ばかりはカロリーを忘れて頂きます。

f:id:renjikoh:20190328170527j:plain

f:id:renjikoh:20190328170545j:plain

干菓子 花見団子

ところでなぜ五色豆をお供えしたかと申しますと、

昔、お釈迦様がこの世にお生まれになったとき、天の龍が

五色の甘露の雨をふりそそぎ、誕生をお祝いしました。

古事にちなんだ五色のお菓子なのです。



来月はどのようなお道具、趣向となりましょう。

皆様も来月発行の蓮のカタログをご覧頂き、取り合わせを

お使い頂き、どうぞお楽しみ下さいますよう。

 

 

 

 

 

 

木地の炉縁

炉の季節、華やかな蒔絵も素晴らしいですが、木地の炉縁の落ち着きも捨てがたく感じます。

木地といっても、稀少な黒柿から桑、桐、欅など、それぞれの木の特徴が出ていて見飽きることがありません。

空気や人の手に触れると共に、色合いがゆっくり変化していくのも木地ならではですね。

 

f:id:renjikoh:20190308145356j:plain

黒柿

f:id:renjikoh:20190308145932p:plain

 

                「時代 桑 炉縁」

f:id:renjikoh:20190308150257j:plain

「澤栗 炉縁」

f:id:renjikoh:20190308150349j:plain

「古材 炉縁」

f:id:renjikoh:20190308150502j:plain

「槐 炉縁」

槐(えんじゅ)・中国では、高官に出世すると庭に植える風習があり、幸福を呼び、

病魔を払い、寿命を延ばす縁起の良い木として古くから親しまれています。

f:id:renjikoh:20190308150120j:plain

「涌乾漆 踊桐 炉縁」

次は 平安 浄白 作です。

f:id:renjikoh:20190308151059j:plain

「樹木漆絵古材 炉縁」

f:id:renjikoh:20190308151349p:plain

「踊桐 松 摺漆 炉縁」

最後に、

江戸指物師として高名な 須田 桑月 「桑 炉縁」

f:id:renjikoh:20190308150724j:plain

「桑 炉縁」

 

炉縁ひとつで茶室の雰囲気が変わります。

木地の魅力に浸ってみませんか?

ホームページにもご紹介しておりますが、無料カタログには季節の商品を多数掲載しております。お申し込みお待ちしております。

::: 書画・茶道具・新古美術品の専門店 蓮・慈光美術 :::

#茶道具 #炉縁 #木地 #木工 #炉