開炉のお茶会

いよいよ炉開きの日を迎えました。

紅葉も、雨や暖かい日が続いたせいか鮮やかとは申せませんが、

あちこちで彩りが目に入って参ります。

寄付には 名女形として名高い五代 中村 歌右衛門のお軸を。

明治から大正、戦前昭和にかけて活躍した、明治の団菊左歿後の歌舞伎界を

代表する名優歌舞伎役者で、やはり名優として、先に惜しまれて逝かれた

六代目のお父上です。

五代 中村 歌右衛門「おとといの落ち葉の今日は深かりし」

f:id:renjikoh:20191204152402j:plain

寄り付き 五代 中村歌右衛門

 

f:id:renjikoh:20191204152936j:plain

本床

大徳寺四百八十七世 玄外 宗訥「関 官不容針 私通車馬」

後に臨済宗博多崇福寺九十七世でもいらした師のお軸が引きしまります。

書の意味は、関(置き字)【官には針を容れず、私に車馬を通ず】真理をつかむには色々な手段があるけれど、言葉の使い方一つでも仏様に近づけます、ということを

当時の関所の役人がわいろを取って旅人を通していたことを皮肉をきかせています。

大意は否定も肯定も自由自在。

「灰釉 飾壷」紐かけの練習をしていてうっかりそのまま飾っております。

向きが違いますが、ご愛敬と思し召しください。

「ふくべ 掛花入」には いろはもみじ、嵯峨菊を。

 

初代 畠 春斎「織部 筋釜」

f:id:renjikoh:20191204154523j:plain

初代 畠 春斎

 

f:id:renjikoh:20191204160444j:plain

炉縁は、哲山「独楽継 蒔絵 炉縁」

古備前 水指」

一般的に古備前と総称されるのは主に江戸時代迄の作品で、明治時代以降のものと

区別されています。

f:id:renjikoh:20191204161209j:plain

古備前 水指」

お茶碗は、祥悦「銘 木守 利休七種の内」と「三島 茶碗」

木守とは、翌年の豊作を祈って、果樹に一つだけとり残しておく果実をいいます。
昔からの風習として、柿は全部取らず1つだけ残しそれを『木守り』と呼びました。
それは収穫に感謝して神様にお捧げするものであり、来年も沢山なりますようにとの

おまじないでもあり、これから冬に向かい食料が少なくなる野鳥に対する心遣い

でもありました。

 

田中 秀明「唐銅 菊割 建水」

茶杓は 久保 良斎(造)松長 剛山(筒箱書花押)

臨済宗紫野大徳寺塔頭高桐院住職、久田流有栖川系茶道十三代家元、細川三斉流茶道顧問,「銘 好日 茶杓」。

 

今回は一番の楽しみと言っても良い、スタッフ自家製お善哉!

早起きしてお餅も入れてくれました。

「真塗 椿碗」と「真塗 角盆」で、かしこまって美味しく頂きました。

f:id:renjikoh:20191204155410j:plain

善哉(自家製)

f:id:renjikoh:20191204155607j:plain

 

干菓子は 秋田杉干菓子盆にて、京都亀屋良長「一陽来福」(いちようらいふく)
正式には一陽来復。冬が終わり春が来ること。新年が来ること。また、陰の気がきわまって陽の気にかえる意から、悪いことが続いた後で幸運に向かうことを意味します。

加えてまめに(元気に)暮らせますように、と云う祈りも込めて三種のお豆も入っています。

外は北風が吹いても 中はあたたかい今年最後のお茶会となりました。

年明けまた皆様元気に集えますように。

少し早いですが、皆様にとりまして良き新年をお迎え下さいませ。

蓮は 年内12月28日まで、明けて1月6日より営業となります。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

時雨の茶会

秋の長雨とはいへ、台風での雨の被害が続いています。

皆様が穏やかな日常を、一日も早くとりもどせますようお祈りしております。

時雨というには強い雨の中、今月は侘びの風情漂うお茶会となりました。

寄付には 

f:id:renjikoh:20191030134912j:plain

巌谷 小波


「染しためて 紅葉に晴れよ 秋の雨 傘画賛」

著名な童話作家でもありながら洒落た絵を残されており、ファンも多くいらっしゃいます。

本床には 烏丸 光広

「神無月 ふりみふらずみ さだめなき 時雨ぞ冬の 初めなりける」

江戸時代前期の公卿で、正二位権大納言

博学多識で歌道は細川幽斎、書は定家、光悦流を学び能くされました。

寛永十五年歿六十歳

竹籠にいける最後の月となりました。

花は 蓼 水引 ホトトギス 野紺菊 紫式部 藤袴 河原なでしこが

名残惜しく、秋の風情をひきたててくれます。

f:id:renjikoh:20191030135556p:plain

本床

 

中村 松通「根来塗 菊形 茶器」

「浜松文 尾垂 富士 釜」

尾垂釜(おだれがま)は、茶の湯釜の形状のひとつで、胴の下部が不規則な波形に欠けて垂れた形の釜です。
尾垂釜は、古芦屋や古天明など、古い釜の下部が腐食して破損したものを、

その部分を打ち欠いて取除き、新しくひと回り小さな底に付け替えたとき、

打ち欠いた個所を不揃いのまま残したところからの形態で、後には始めから

尾垂の形を作っています。

加藤 了三「やつれ 風炉

十二代忠三郎 尾張藩御釜師。

f:id:renjikoh:20191030135101j:plain

釜、風炉

f:id:renjikoh:20191030135321j:plain

「根来塗 菊形 茶器」

真清水 蔵六「三島 水指」

f:id:renjikoh:20191030140018j:plain

真清水 蔵六「三島 水指」

青木 木米「蕎麦釉 茶碗」

工芸で有名ですが、書画も能くされ、味わい有る作品が残っています。

f:id:renjikoh:20191030155453j:plain

青木 木米

織部 茶碗」砂張建水、

阪本 曲斎「法隆寺古材 茶杓

 

主菓子は 紀の国屋「たんざく最中」を「三島青磁 菓子鉢」に。

お干菓子は「四国 和三盆」を吹き寄せ風にして、

二代 村瀬 治兵衛「栗 銅鑼鉢」に。

 

来月はいよいよ炉開きとなります。

併せて 蓮のカタログは来月頭にお手元に届きますので、

炉の時期にお使い頂きたいものを多数揃えております。

ご高覧、ご注文をお待ちしております。

 

名月に想う

今年は暑さが長引きましたが、月が殊の外美しく感じられました。

今月は名月に想いをはせてのお茶会です。

お軸は 雅な御題にふさわしい、

有栖川宮 職仁親王「我が妹子が裾野に匂うふじばかま露す結べど綻にけり」

花が咲くことを「綻ぶ」と言いますが、藤袴の場合は、まさに「綻ぶ」という形容がぴったりなのです。「袴」が縁語となって「綻ぶ」という言葉が意図して選ばれています。花が綻ぶのを、袴が綻ぶことに見立てているわけですが、そのような理解をするのは、花の咲く様子からの連想も手伝っているのではないでしょうか。

f:id:renjikoh:20190925173703j:plain

本床

二代 池田 瓢阿「唐もの手付 籠花入」

大好きな籠の季節もあとわずか。

たくさんの野の花が引き立ててくれます。

芒 女郎花 野牡丹 みそ萩 秋明菊 蓼 水引草

いつも育てている花を、惜しげもなく美しくいけてくれるひとに感謝をこめて。

香合は 萩井 一丘「 あらしぎ秋草鈴虫蒔絵 一文字 香合」(共箱)

f:id:renjikoh:20190925174136j:plain

香合

f:id:renjikoh:20190925174211j:plain

内側

寄り付き
福田平八郎 「鈴虫」

大好きな画家です。

f:id:renjikoh:20190925174629j:plain

福田平八郎

納冨 鳥雲「萩焼 水指」

茶杓 東山 大山「清月 茶杓
中村 宗悦「井伊宗観好 萩に雁蒔絵 紅溜八角棗」(共箱)

茶杓 東山 大山「清月 茶杓

f:id:renjikoh:20190925174358j:plain

水指

f:id:renjikoh:20190925174453j:plain

 

釜 白玉(詳細不詳)「時代 釜」

f:id:renjikoh:20190925175300j:plain

唐銅 鬼面風炉

f:id:renjikoh:20190925174905j:plain

釜 風炉

二代 宮川 香雲「秋草 蓋置」
隠れてしまうのが惜しい、美しい蓋置です。

f:id:renjikoh:20190925175118j:plain

蓋置

茶碗は 大野 瑞峰「萩焼 俵 茶碗」

新米の美味しい時期をまもなく迎えますが、豊作祈願をこめて。

f:id:renjikoh:20190925175528j:plain

萩 俵 茶碗

北白川赫赫庵 「粉引半月 茶碗」

f:id:renjikoh:20190925175725j:plain

「粉引半月 茶碗」

おまちかねのお菓子ですが、今回は特別版です。

小男鹿本舗冨士屋製「小男鹿」さおしか

その栞より;明治天皇御製
 月もいま のぼらんとする 山の端に たかく聞ゆる 小男鹿のこゑ
 「小男鹿」は、牡の鹿である。「小」は接頭語または美称あるいは小の意味と解されています。
「小男鹿」は、万葉のころから、古のみやびおの人々に愛され、その心を捕らえてきました。しばしば、和歌に歌われ、或るときは句によまれ、雅人の心を慰めてきました。銘菓「小男鹿」は、その様な牡鹿の姿と雅び男のこころをお菓子で物語ったものであります。

f:id:renjikoh:20190925180020j:plain

小男鹿

菓子器は 安田 道雄「藁灰釉 盛皿」

憂愁をおびた色合いとなりました。

干菓子は
諸江屋 菊花煎餅
塩芳軒製 古都の明月

菊花煎餅はほのかに生姜の風味がして、形共々とても気に入りました。

f:id:renjikoh:20190925180522j:plain

干菓子

来月はいよいよ風炉最後となります。

どんな侘びのお道具が揃うでしょうか。

 

最後になりましたが、

台風の爪痕がまだ残りご不自由を強いられていらっしゃる皆様が、一日も早く元の

生活に戻られますよう、お祈りしております。

 

立礼 茶籠

夏の暑さも少し落ち着いた今日、立礼 茶籠のお茶会を開きました。

今回は立礼で、型よりも久しぶりの再会、楽しみながらお茶を頂けました。

茶籠は江戸時代の古い籠、お道具揃いで、仕覆も時代がかかって、扱いに注意を払いました。

茶籠お道具は 棗は鉄線蒔絵 平棗、振出は 月下松図 染付 土佐光貞画、

江戸後期 土佐派の画家の手によるものです。寛政時代、内裏屏風・障子に揮毫しています。

茶杓は牙 芋頭、茶筅筒は秋草蒔絵でした。

茶籠のお道具は 持ち主の趣向が色濃く表れます。

いいもの、すきなものを少しづつ揃える楽しみがあります。

 

茶籠を運ぶお盆は、本来四角の茶籠に対して丸を求めますが、色合いも風貌も合う、

「鎌倉彫 紅葉四方盆」といたしました。

f:id:renjikoh:20190830185811j:plain

時代 茶箱

f:id:renjikoh:20190830185843j:plain

茶箱 道具

f:id:renjikoh:20190830185921j:plain

茶碗は、濃い茶もお薄も珉平焼 「秋草茶碗」。絵柄がそれぞれ風情がありました。

建水は、鎚目エフゴ建水。

銀仕上 銀瓶を低めの翠釉鉢に灰をいれて瓶掛といたしました。

f:id:renjikoh:20190830164500p:plain

秋草茶碗(口金継)

f:id:renjikoh:20190830164631p:plain

秋草茶碗

短冊には、下田 歌子(歌)荒木 寛畝(画)

「花さかす かかくすみにも こえぬべし まてとをたねの やまとなでひこ」

なでしこ画賛を。

こちらにお花があるため、あえて添えずにおります。

店の外にはまだ蓮の花と青青とした葉が風にゆれておりました。

f:id:renjikoh:20190830163547p:plain

お菓子は今回、新潟で銘菓 新潟百花園「煌星」を村瀬 四郎「不二見焼 籠菓子器」に。オレンジピールの香りが良く、柔らかく甘すぎず美味でした。

新潟横田屋「越のひむろ」を此君亭工房「四極盆」に。

重要無形文化保持者・生野祥雲斎氏工房の作品です。

紅白が映えて美しかったです。


f:id:renjikoh:20190830163915p:plain

f:id:renjikoh:20190830164005p:plain

干菓子

お土産に頂いた新潟百花園「にいがた琥珀」、新潟名物をかたどった干菓子を頂き

ながら、ひとしきり和やかな時間が過ぎていきました。

f:id:renjikoh:20190830164230j:plain

お土産「にいがた琥珀

来月はまた新たなお道具ご紹介いたします。

最後になりましたが、

豪雨被害が一日も早くおさまりますことをお祈りしております。

 

 

 

夏の美術館

お盆で帰省されで、台風の影響で大変な想いをされた方もいらしたようですが、

大きな被害が出ずに済んで安堵しています。

いつになく暑い暑い夏ですが、夏休みはいかがお過ごしでしたか?

私達は久しぶりに店主共々 根津美術館へ参りました。

ここは毎々、海外からの方が多く訪れていらして、熱心に見入っていらっしゃいます。

庭園も季節ごとに変化があって、心地良い空間です。

「優しいほとけ、怖いほとけ」というテーマでしたが、菩薩、地蔵、不動明王などの

仏像、絵画、絵巻ものがありました。

「矢田地蔵縁起絵巻」の鬼たちがいいお顔で、脇で眺めるお地蔵様のクールな表情が

対称的で印象に残りました。

仏画や仏像にはそれぞれ約束事があり、表している物や眷属によって読み取るようになっています。

解説はほりさげればいくらでも書けましょうが、わかりやすく頭に入りやすかった

です。

小中学生の夏休みレポートにいいのでは、と感じつつ。

 

この美術館でお気に入りの室が二階の茶室、器コーナーです。

今回は夏ということで、涼を招きつつも格式もあって、という選でしょうか。

惟馨周徳 画 「潑墨山水図」が気に入りました。

 

大好きな籠の季節です。

重要無形文化保持者 生野 祥雲斎

f:id:renjikoh:20190819181532j:plain

「紫竹みの虫籠 花入」

f:id:renjikoh:20190819181944j:plain

「白竹通筒 花入」

野の花が合いますね。

次回は暑い夏のお茶会ご報告予定です。

七夕のお茶会

七夕のお茶会を開きました。

梅雨と台風などで豪雨が続きます。

九州関西の方々には、どうか被害無く過ぎてくれますようにお祈りしております。

今月は七夕。

大宮八幡で名水御神水を賜り、そのお水でお茶を点てることとなりました。

「多摩の大宮」と云われた武蔵野の地に沸いたため名水となり、今も大宮八幡宮境内の多摩清水社からは御神水が湧き出ています。

朝早くスタッフが汲んできてくれました。

 

f:id:renjikoh:20190703142155j:plain

大宮八幡宮

 

f:id:renjikoh:20190703142046j:plain

f:id:renjikoh:20190703142004j:plain

神水

蓮の手水に注ぎ、頂いた短冊を笹に飾ります。

f:id:renjikoh:20190703142447j:plain

蓮の手水

 

 

f:id:renjikoh:20190703142515j:plain

大宮八幡宮短冊

寄付には今村 紫紅「七夕そよがせ 黒き家並み 画賛」を涼しげな短冊掛に。

f:id:renjikoh:20190703143006j:plain

今村 紫紅 画賛短冊

 

f:id:renjikoh:20190703143124j:plain

本床には 流れる天の川を想い 玄法の「道」を

傍らには涼しげかつ清い白い山法師、その名も「織姫」

そして添える葉蘭は「天の川」です。

「釣舟花生」は天の川を渡らせ、牽牛、織り姫を会わせててくれましょうか。

 

香合は「かうち(交趾)糸巻 香合」

交趾は、中国南部で生産された陶磁器の一種で、ベトナムのコーチシナ(交趾支那

との貿易で交趾船によりもたらされたことに由来する名称とされています。

 

f:id:renjikoh:20190705110355j:plain

本床

西村 道爺 /大西 浄長(折紙)「四方雲龍 釜」「小型 唐銅 鬼面 風炉

蓋置は「唐銅 一閑人」

「木地 釣瓶 水指」が新鮮に映ります。

西村道爺氏は京都三条釜座に住し、表千家七世 如心斎宗左(1705~1751)の頃に活躍した西村家四代釜師です。 原叟時代から如心斎時代の名工とされ、 西村家代々「道や(弥・也・爺)」を名乗った処から、俗に「ててどうや」との呼称があります。

大西 浄長氏は千家十職釜師大西家、十二代長男。

f:id:renjikoh:20190703143933j:plain

釜、風炉、水指、蓋置

相上 俊郎「木地 内金 棗」

f:id:renjikoh:20190703144522j:plain

相上 俊郎「木地 内金 棗」内側

茶杓は成瀬 宗巨「銘 七夕 茶杓

 

f:id:renjikoh:20190703144722j:plain

茶杓 銘 七夕

涼しげな主菓子の器として、益田 芳徳「ぐらすはち」に亀廣永「したたり」を。

こちらは京都の地下水を使った、まさにこの時期こだわりのお菓子です。

f:id:renjikoh:20190703144900j:plain

主菓子

干菓子は亀屋良長「七夕」短冊を通す穴まで、きちんとあいております。

振り出しには金平糖を。

f:id:renjikoh:20190703145005j:plain

干菓子

いかがでしょうか?

ちょっといつもの七夕とは違った趣向を凝らしてみました。

次回は盛夏のお稽古となります。

皆様ご自愛くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

お軸の紹介

梅雨を迎え気温の上がり下がりが激しいですが、お変わりございませんでしょうか。

蓮では夏に向けてのカタログ受付が始まっております。

徳川 家達(賛)山名 貫義(画)

「柿本人麿図 久るるかと みれば明ぬるなつのよを あかすとやなく山ほととぎす」

f:id:renjikoh:20190613184657j:plain

和歌の部分

f:id:renjikoh:20190613184742j:plain

上部の絵

f:id:renjikoh:20190613184820j:plain

柿本人麿 図

今月はお茶会は来月始めに開きます。

また書画、お道具をご紹介させて頂きます。

 

#書画#徳川家#山名貫義#和歌山#紀州藩日本画#蓮#掛軸#美術館