口切の茶会

穏やかな陽気のもと、口切の茶会を開きました。

開炉とあって、いつもより緊張感が感じられます。

 

寄り付きには

「口切りや足阿これもふくべなり 冨久邉 画賛」

十代 裏千家 柏叟宗室 認得斎

江戸末の茶人、九代 裏千家 千宗室の長男にあたります。

瓢炭斗を添えて

寄り付き

本床には

石州流 十五代宗家 片桐 貞泰の「壷中日月長」

こちゅうじつげつながし

後漢書に収録された逸話によるもの。

壷の中は転じて時空を超越した心の別天地を指すとされ、

日常の中でも心の持ち方ひとつで、そのまま壺中であり、

仙境であり、悟りの妙処となることを示している、

とされています。

 

備前 一輪入」中村 六郎

六郎窯 金重陶陽に師事。

裏千家スタッフが丹精した 嵯峨菊と 南天の紅葉を。

嵯峨菊は古典菊のひとつで、ちょうど今頃に見頃を迎えるとされており、

名の由来は、嵯峨天皇の時代、京都嵯峨野大覚寺周辺に自生していた菊に

あたることから、とされています。

開炉に欠かせない、茶壺

織部 香合」加藤 光右衛門

本床

「繰口 丸釜」十二代 和田 美之助

高台寺蒔絵 炉縁」が華やぎを与えてくれます。

釜 炉縁

「時代 紅葉蒔絵 黒柿 中棗」

内側の黒柿の色合いが美しいです。

黒柿 中棗

「銘 紅葉狩 茶杓

藤井 誡堂(筒箱書花押)高野 宗陵(造)

 

織部 水指」

十三代 竹中 紹智(箱書)

藪内流 十三代家元 青々斎竹中紹智を襲名、

還暦後 竹仲とあらためられました。

山口 茂(造)初代 山口錠鉄子息、兄は二代錠鉄、

子息も陶芸家の重信氏。織部写しを得意とします。

水指

「黒織部 茶碗」佐治 光太郎

織部 茶碗

「彩色竜田川 茶碗」澤村陶哉

「紅葉 茶碗」

備前 茶碗」陶朋 

この時期になると やはり厚手の茶碗が手に心地よいです。

「青竹蓋置」

「エフゴ 建水」

 

「吹寄四方足付 菓子器」梅山 

九谷焼の まさに錦秋の菓子器といえましょう。

正客の向いで撮らせてもらいました。

主菓子はもちろん亥の子餅。

今木屋さんがつくりたてを届けて下さいました。

柔らかく美味しいこと!

吹寄四方足付 菓子器

亥の子餅

さらに 裏千家スタッフ自家製 特性「善哉餅」

「菊蒔絵 吸物椀」によそって、柴漬胡瓜漬を添えて

「利休形 折敷 四方 盆」にて皆様に。

善哉

小豆はおめでたい時に頂き、魔よけにもよい、といわれています。

 

「箕」に「巨峰寒天」津山屋と「柚子皮」を

秋の恵みを届けます。

干菓子

来月はおやすみとなります。

年明け また皆さんと集えるのを心待ちにしております。

さて、どうのようなお道具がそろいましょうか。

 

 

 

 

今回は各流派のお道具や書画が

十三夜の茶会

長らく間があいてしまいましたが、折しも十三夜の日に茶会を開きました。

寄り付きには 

大田垣 蓮月

「閑居月 外にくまなすものもなし 月さしいる淺茅生の宿」

孝眞 「秋草蒔絵 硯箱」

寄り付き

秋草蒔絵 硯箱

 

 本床

十三夜の月にちなんだ作品を。

 

お供えのお団子も 十三夜にちなんで 十三個。

積み上げ方も作法があります。

今木屋さんのつくりたてで、柔らかく、天には月の黄色いお団子。

 

香合 「萬古焼 兎 香合」機叟(箱書)佐久間 芳嶙(造)と

「竹手付 唐物 花籠」には 

萩(みやぎ野萩、江戸しぼり)芒、吾亦紅、紫式部、白式部、金糸梅、野地菊の

七草を。

本床

 

釜「浜松文 尾垂 富士 釜」を

この時期ならではの「荒磯 鉄風炉(やつれ風炉)」へ。

横河三五郎(造)十二代宮崎寒雉(鑑箱書)

風格が感じられます。

釜と風炉

やつれ風炉

「焼金桔梗蒔絵 螺鈿添 中棗」

桔梗蒔絵 中棗

「清月 茶杓」東山 大山

「唐銅 一閑人」蓋置

「蕎麦釉 茶碗」青木 木米

木米 茶碗

「銘 神光 茶碗」十三世 表千家即中斎(書)神路山焼(造)

私共店頭で、一目見て気に入ったという初参加の方。

憧れのお茶碗での一服はいかがでしたでしょうか。

神光 茶碗

「妹塗 漆桶形 建水」岡本漆園(漆専堂)

漆専堂ならではの つややかな光沢。

建水

 

水指は 箱書あれども 不詳。

形も肌も美しい 信楽の水指

信楽 水指

 

主菓子

「焼〆 半月 皿 六客」大迫 みきお作、に

今木屋さんの お月見団子を合わせると、

夕闇に明るく照らされた月が そこに。

 

「真塗 秋月 菓子器」と「秋色七草」赤坂柿山」

これ以上ない見事な組み合わせ、と自賛しきり、絶賛しきり。

 

秋月 菓子器

干菓子

十三夜の今夜、お見送りに外へ出ると、煌々としたお月様が。

次回は早くも 開炉となります。

献氷の茶会

梅雨明け前にすでに猛暑の週を迎えて、献氷の茶会を

開いた。

献氷の儀式は氷の朔日(ついたち)ともいう。

陰暦の六月一日に、氷室の貢ぎとして、氷餅を宮中や

幕府に献上したのが由来とされている。

掻餅やあられを供えて食すと厄除けになるという説も

ある。

最初に氷が献上されたのは六百十二年仁德天皇の時代とされ、

額田の皇子が

闘鶏野(つけの、現在の大阪府高槻付近)で氷室を発見し、

それを献上した。

鎌倉時代には富士山の雪が鎌倉に運ばれた。

日本で人造製氷に成功するのは明治十六年を待たねば

ならなかった。

 

寄付には 店主お気に入りの松本 交山の「つけ㐂」を。

 

別号/次郎吉/景文/大機/文右衛門

文晁、抱一に師事、江戸深川八幡境内の茶屋の主人、

画・俳諧を修め法眼に叙せられる。

慶応二年歿八十三歳江戸深川生

つけぎとは、

ひのき,松,杉など薄く削り,一定の長さと幅にそろえ

一方の端に硫黄をつけ,七~八十枚から 百枚をひと束とし

江戸時代から江戸,大坂で盛んに売られた。

火口 や炭火などから灯火などに火を移すのに使った。

付木はイオウギともよばれ、「祝う」に通じ、魔除け、

贈り物の返礼、引っ越しの挨拶などに贈る風習があった。

 

 

折しも今日は店主の誕生日、仲間の前厄払い、

半年経た厄払いも兼ねてこの軸を選んだ次第。

 

寄付

毎年この時期の茶会は、名水ものになると趣向が凝ることに。

すくすくと育っている、店頭の蓮の葉に、氷を乗せると、

すこしずつ溶けた水が葉にはじかれ、底にたまるのだが、

それが氷のようにみえて、さらに涼を呼んでくれる。

 

「春慶塗 手桶 水指」に水を汲み、

「鶴首 釜」「小型 唐銅 鬼面 風炉」で揃える。

本床

「清流無間断」足立 泰道を本床に。

別号/宗誠

臨済宗大徳寺派、兵庫豊岡瑞龍山雲澤禅寺住職、昭和十二年生

この方の書は人気が高い。

せいりゅうかんだんなし-清らかな流れは絶えることなく流れ、

青々とした木は季節を超えて葉を枯すことなく、

一瞬の中にある自然の永遠をさす。

不断の努力が大きな実りをもたらすという教え。

 

本床 軸

花は 同じく店で育てている睡蓮を 

備前 擂鉢」堀江 祥山 水盤にみたてて。

白い可憐な花で毎朝出迎えてくれる。

 

香合は「団扇 葦蒔絵 香合」中林星山

こちらは涼風を運んでくれるもの。

漆芸、越前蒔絵師。夫箕輪一星に師事。日芸展会員。

茶道具蒔絵専門。昭和二十六年生福井県鯖江

香合

「銘 那智 竹 茶杓

小田 雪窓 (箱書)小堀 定泰(造筒書)

那智の滝を思い浮かべて。

 

信楽 建水」三代 森岡 嘉祥

嘉祥窯は京都清水で四代に渡り、茶道具や器を創作する窯元。

二代嘉祥に師事、茶陶屈指。平成二十一年歿七十二歳京都生

建水

「蝋形鋳造 蟹 蓋置」黒川 哲匠

置物としても美しいが、とても使いやすい考えられた蓋置であった。

高岡の作家、建水、火箸、茶室の釘等、茶道具、花器の制作を研鑽中、

昭和三十六年高岡生

蓋置

茶入は肩に小さな注ぎ口がある「曜変 四滴 茶入」浅見 与し三

初代与し三は、大正元年 二代五郎助の次男より分家し、

五条坂にて開窯。大徳寺塔頭瑞峯院 前田昌道老師より

「吉峯窯」の窯名を賜る。

現在は四代目 (画像 左奥)

曜変 四滴茶入

白磁 めだか 平茶碗」二代目 助田 麗嘉

白磁の中に淡いめだかが泳いでいる。

 

めだか 平茶碗

唐津 茶碗」御茶碗窯、人間国宝 十二代 中里太郎右衛門

 

唐津 茶碗

「瀬戸 唐津 なぎさ 茶碗」加藤 春鼎

別号/春倫

鼎窯窯元、日本工芸会正会員。若い陶芸家の育成にも努め「鼎窯会」を主宰する。

昭和二年瀬戸生

なぎさ 茶碗

「粉引手 茶碗」尾形 周平

京焼の名工。初代は仁阿弥道八の弟。

尾形光琳、乾山に私淑し尾形姓を名乗る。

五代目が平成十一年に没す

こちらを今回 主菓子に。

店主の祝いに、と用意してもらったのは

「御蒸物 お目出糖」

元禄年間創製されたと伝えられる高麗餅は江戸時代より

親しまれてきた。

元禄より家伝の高麗餅仕様書により製造している。
明治中頃に赤飯様の見た目より「御目出糖」と命名

御祝儀菓子としての意匠と共に

大方の御推奨を賜り百年以上になる銘菓。

 

主菓子

干菓子は この時期ならでは、「琥珀糖」高野屋貞広

「ほたてバター」赤坂柿山

水のもの、鮑の貝殻に。

鮑の貝殻は大変丈夫でハンマーで叩き割ろうとしても簡単には

割れないほどであり、

構造をヒントに割れにくい丈夫なセラミックの開発が進められて

いるそうだ。

裏側には非常に美しい真珠の光沢があり、ごく薄く

切り出したものを螺鈿細工などの工芸材料に用いている。

また、鮑玉と呼ばれる天然真珠を作り出すことに着目し、

殻の真珠層を利用して真珠の養殖に使われることもあると

されている。

 

鮑の菓子器

次回は九月頃に集うことになりそうだが、秋は道具選びがより楽しみに。

皆様ごどうぞ自愛ください。

初風炉の茶会

薫風-風炉の時期到来となったものの、すぐ梅雨入りも追いかけてきてしまった。

寄り付きには 「枇杷」柴田 是真

色紙を軸装にした作品。

蒔絵を阪内寛哉に学ぶ。画は鈴木南嶺の門。

後京都で岡本豊彦に付き研鑽し、画風一格を成す。近代の名手。

 

寄り付き

枇杷

本床お軸

「青山元不動 白雲自去来」謙宗 景雲

臨済宗円覚寺派瑞泉寺

 

せいざんもとうごかず はくうんおのずからきょらいす

万縁万境-周囲のいろいろな現象に心をとらわれて右往左往することなく、山のように少しも動ずることなく、泰然としてわが道を貫き通せ という

ー迷える者にはすっと入り込む。

 

本床

「瓢 手付花入籠」初代 池田 瓢阿

 

竹工芸師、三井物産の数寄者益田鈍翁より「瓢阿」の号を賜わる、

また「大正名器鑑」を編んだ高橋箒庵らと親交があった。

明治十四年和歌山生昭和八年歿五十四歳

 

この見事な籠には 咲き始めた鉄線、紫蘭、山法師を。

堆朱彫 香合

香合

雲龍釜」三代 原 晃悦

 二代 大国籐兵衛に師事

「古銅 四方風炉

 朽木 綱貞珍蔵 玉庵箱書珍蔵と書有。玉庵箱書

雲龍

古銅 四方風炉

「染付近江八景 芋頭 水指」淡海せ々 陽炎園(岩崎 新定)蒔絵師

水指

釜と水指

「輪島塗 竹 沈金 棗」蒔絵師 坂下 雄峰

茶杓「銘 若芽 竹 茶杓」吉口 桂堂(筒書花押)

臨済宗紫野大徳寺塔頭瑞峯院五百九世。

茶杓

 

蓋置 十二代 堀内 宗完(花押)「青楓 染付 蓋置」

薫風にふさわしいすっきりした姿色合いです。

表千家流堀内家、不審庵理事、平成九年宗完の名を兄の長男にゆずり、

宗心を名のる。

蓋置

人間国宝 十二代 中里 太郎右衛門「唐津 茶碗」

唐津 茶碗

南口 閑粋「乾山 青楓 茶碗」

杣山窯。初代宮川香雲、十六代善五郎に師事。杣山焼を再興する。

昭和三十三年大阪生

青楓 茶碗

不昧好「若草」彩雲堂製を

「不二見焼 籠 菓子器」村瀬 四郎に

不昧公お好み三大銘菓は

春の「若草」、秋の「山川」、そして「菜種の里」

松江を代表される銘菓内、「若草」を 彩雲堂初代が復活させる。

主菓子

 

干菓子

 「ガネーシャ」若狭屋久茂製

スパイスの香りがきいたお干菓子です。

 

干菓子の包み

年々雨が激しくなりますが、皆様お気をつけてお過ごしくださいますよう。

雛の茶会

雛の茶会

今年も五節句の一つ、雛の茶会を開くことがかなった。

お軸とお道具選びを終え、ささやかながらがらお弁当を一同で頂く。

雛絵は格によって待合にも本席にも使える。

道具や花は桃や柳、貝、菱に関係するものが主に用いられる。

よくお軸でみられる立雛図だが、

雛の左右は元々左(向かって右)に男雛、右に女雛とされている。

これは陰陽説で陰の方向である右に女性、

陽の方向である左に男性と対応させたためとされる。

この並びは現在でも京都を中心に関西でもちいられる 。

一方、東京を含めたその他の地域では逆の配置を

されることが多い。これは昭和初期から広まった構成で、

昭和天皇の即位礼の並びに倣った、

西洋で一般的な並びに倣ったなど、諸説がある。

 

寄付には「三月節会之図」

作者不詳なれど、平安の雅な行事光景が描かれている。

〈曲水の宴〉

上巳の日に行う遊宴で、庭園の曲水の曲がり角ごとに参会者が座り、

上流から流れてくる盃が自分の前を過ぎないうちに詩歌を作り、

盃を取り上げて酒を飲む遊び。流觴(りゅうしょう)ともいう。

中国における上巳の日の禊から発生したと考えられている。

中国の曲水の宴として有名なものに、王羲之が友人を招いて

開いた蘭亭(らんてい)の宴がある。

〈闘鶏〉

雄鶏を左右に番わせ、戦わせる行事で、「鶏合(とりあわ)せ」

ともいう。中国渡来の風習で、『日本書紀雄略天皇七年(四六三)

にはその記事が見える。もともと日は定まっていなかったようだが、

平安時代以降に三月三日の行事となり、「合物(あわせもの)」

(「物合せ」ともいい、二方に分かれ、物を比べ合わせてその

優劣を競う遊び)の一つとして流行した。

寄付

 

本床には釈 洞々 佛山 「百花春」

佛山は伊豆修繕寺大仁町福巖院師家、曹洞宗永平寺東京別院長谷寺塔頭

至純の禅者、沢木興道の後継者、道元禅師の行履をたずね、

妻子も寺も持たず、座禅三昧で生きた僧。

伊豆大仁歿大正二年栃木県鹿沼

描かれた書は力強く、芽生えの季節のエネルギーが感じ取れる。

本床

香合は 「色絵 結びの香合」松田 蘇川

諏訪蘇山に師事。帰郷後、矢口永寿、須田菁華のもとで、

古九谷釉染付を研究。叔父松田与八郎の修めた欧州風の石膏型陶法を

完成。古九谷写の白地を洗練化、素地窯元としての礎を築く。

昭和四十二年歿金沢生

 

結び文がはじめて用いられたのは平安時代

かな文字やカタカナが考案され、当時の貴族たちは歌や文章を紙に記し、

また恋文などのやりとりも頻繁に行われた。

当時の手紙には横長の紙を用いて書いたものを細長く折って

白い紙に包んだ「立て文」「捻り文」、手紙を薄い紙で包んだ「包み文」

そして「結び文」という形式があり、その中では立て文が一番正式な

書面に用いられ、結び文は立て文の略式とされ恋文によく用いられた。

恋文は、結婚するまで相手の顔をみることもできなかった当時の人々に

とって自分の想いを伝え相手を知ることができる唯一の方法だった為、

結び文に用いる紙の質や色、紙に染み込ませた香の匂いにも

こだわり文を書いた。そのことから結び文は縁結びや子孫繁栄、

現代ではおみくじで見られるように自分の願いや思いが結ばれるように

という意味が込められている。

香合

「百花春至為誰開(ひゃっかはるいたってたがためにひらく)」

自然の差別のない平等な精神を示す。「花」は仏性である。

何かの為に言うことではなく、季節、気温、日照などの条件が整えば咲く。

その因縁や条件を失えば花は咲かないし、因縁や条件を失えば散っていく。

人間もやはり大自然の中にいる生物のひとつであり、

自然の働きの中で命が与えられ、様々な縁によるめぐり合わせられた

環境の中で生かされているのである。

 

花は桃の花と菜の花を。

桃は2500年ほど前に中国で栽培された。

中国でも日本でも、古来より様々な書物に桃の記録が見られ、

日本には弥生時代以前に伝わったことがわかっている。

桃の花は厄払いや魔除け、長寿をもたらす力も持っているといわれている。

桃が持つ不思議な力によって人々が救われたという数多くの伝説からも、

その威力がわかる。このような理由から、

生命力の象徴ともいえる桃をひな祭りに飾る習慣が続いている。

淡い色ながら どちらも茎がしっかりしていて軸に負けない存在感が。

それを支える花器は 廣崎 裕哉 「灰釉 瓶子」

一哉窯。日本伝統工芸展、ヴァロリス国際陶芸展など出品。平成二十四年歿

 

釜は 角谷 莎村 「筒 釜」

鋳造家、釜師日本工芸会会員、府工芸功労賞。

人間国宝角谷一圭の弟。昭和六十二年歿七十六歳大阪生

「掻合 炉縁」

「掻合 長板

 

加藤 愛助「織部 手桶 水指」

瀬戸の赤津窯、閑静庵

 

 吉口 桂堂(筒書花押)「銘 若芽 竹 茶杓

臨済宗紫野大徳寺塔頭瑞峯院五百九世。昭和六十二年歿九十九歳

 

建水 「春慶 曲」

釣釜

水指の濃い織部の色合いが 席全体をひきしめている。

水指

「木地 春草蒔絵 小棗」

蕨など 春の芽吹きが描かれている。

 

「色絵仁清 ぼんぼり 蓋置」清閑寺

ぼんぼり 蓋置

「仁清 春草かくれ文字 茶碗」水出 宗絢

さて、どこにどの文字がかくれているかおわかりだろうか?

会席で皆さんにまわしてみたが、すぐみつかるようで意外とみつからなかった。

春草かくれ文字茶碗

安朱窯、叔父加藤永峰の基で作陶の修業、府立陶工訓練校終了、

京都山科に開窯、東大寺清水公照師と合作展。昭和五十五年 

洛北花背に登り窯築。昭和二十三京都生

 

「銘 心花 萩 井戸茶碗」 橋本紹尚(箱書花押)林紅陽(造)

〈紹尚」昭和四十七年大徳寺派柳生芳徳寺住職、小田雪窓に参禅、

三玄院先代住職。藤井誡堂老師より「顕道」「紹尚」を拝命。

昭和十四年奈良柳生

〈紅陽〉萩焼の元祖、坂高麗左衛門氏の弟子になりその後独立。

萩 井戸茶碗

さて楽しみなお菓子は 入手が難しい

「銘 春の香」 仙太郎

「真塗 小丸 盆 十客」に。

主菓子

つつみ紙


つつみ紙まで愛らしい。

 

干菓子は

「おきな飴」 金太郎飴本店 と

「おいり」 山下おいり本舗 を

「木地 高坏」に。

干菓子

 

来月は花見の頃だろうか。

皆様 花冷えにご自愛ください。

 

 

 

 

 

初釜

列島を寒波が包み込む中、無事年を越して新年も早一ヶ月を経て、

無事初釜を迎えることができました。

寄り付きには 吟翁「結び柳」と炭飾りを。

寄付

 

炭飾り

おめでたい 海老、亀、鶴があしらわれています。

唐の故事をもとに、結び柳をお茶の席に最初に柳を

用いたのは千利休とされています。

 

結び柳の由来は「結す」「産す」「生す」

-全て読みは「むす」-が

繋がっていることからと言われています。

新年と旧年を結ぶという意味も込められているそうです。

 

本床には 大綱宗彦のお軸

「壬子人は子日ゐわは 都人はつるの松にいくそえて 

いわつやいわへ けふのななくさ」

大綱宗彦(だいこうそうげん):大徳寺四百三十五世

和歌書をよくし茶に親しむ、又永楽保全の後援者となる。

万延元年歿八十九歳

 

神楽鈴を朱台に供えます。

香合は 「黄瀬戸 福禄寿 香合」

花入れは其の朝に 青竹を庵主が切りました。

店の紅梅と松とで 松竹梅となります。

竹花入は茶杓と共に茶人が手ずから造るものとして

尊重されてきました。

天正十八年の秀吉による小田原攻めの折、

利休が韮山(静岡)の竹を切ったのが流行の初めと

されています。

本床 お軸

本床



炉縁は「末広舟蒔絵黒塗炉縁」岡本陽斎

蒔絵の舟が華やぎを運んでくれます。

 

釜は「瑞雲地紋 肩衝 釜」宝積正一

釜と炉縁

薄器は今年の干支を

「花兎蒔絵中棗」山本 楽堂

薄器

お茶碗はどっしりあたたかみのある 

「銘 暁光赤 志野茶碗」小林 武春

志野 茶碗



「御本 茶碗」

時代を感じさせる塗りの箱と布に大切に包まれています。

 

「高取 掛分建水」折れ松葉 窯印

建水

「唐銅 色絵 突羽根 蓋置」金森 彦兵衛

前田利長の時代より代々続く鋳物師です。

蓋置

茶杓 「銘 吉祥 シミ竹茶杓

塩沢 大定(筒箱書)海野 宗泰(造)

塩沢 大定:大本山南禅寺三三四世臨済宗南禅寺派

第十一代管長 平成二十年歿

海野 宗泰:竹器師。高野宗陵に師事 

昭和四十二年京都生

 

水指 「春慶塗 手桶 水指」

品のある水指で、お席にあたたかみも加わりました。

手桶水指

さて、ここ数年頂けずじまいであった、茶道では初釜の行事には

欠かすことができない茶菓子、花びら餅の登場です。

新年に食べるお祝いのお餅で、平安時代宮中で元旦から三日間、

長寿と延命を願って固いお餅を食べる「歯固めの儀式」に

用いられていた「菱葩餅」が由来とか。

和菓子にごぼうは、一見不思議な取り合わせですが、

押鮎に見立てておかれたもの。土の中にしっかり根を張るので

「家の基礎がしっかりしている」ことや「長寿」を願う意味が

込められていて、おせちのお煮しめなどにも使われている

縁起のいい根菜です。

今木屋さん自らお届けくださいました。

朱塗りの「会津塗本朱 四段重」を縁高に見立て

上に黒文字を重ね おそるおそる席まで運びます。

正客は押し頂き、最下段をずらし、黒文字を差し入れ

上の段を一旦脇に置き、自席分を前に置いてから 

お重を戻し、次のお席に渡します。

縁高と違って蓋が丸みを帯びており、

黒文字を落とさぬよう緊張しつつ頂戴いたしました。

 

お重

花びら餅

餅干菓子は 「松露」中森 製

干菓子盆は 「独楽」

一同健やかに、和やかな初釜となりました。

乞巧奠(きっこうでん)の茶会

梅雨明け前からの猛暑が続く中、七夕のお茶会が開かれた。

七夕は五節句のひとつで、縁起の良い「陽数」とされる奇数が連なる

七の夕べに行われるため「七夕の節句」という。

また、笹を用いて行事をすることから、別名「笹の節句」とも。

奈良時代に中国の行事、乞巧奠が伝わると、貴族は庭に祭壇を設けて

供物を供え、梶の葉に和歌を綴ったり、七本の針に五色の糸を通して

裁縫の上達を祈ったり、角盥にはった水に星を映して眺める「星映し」

などを行うようになった。

また、里芋の葉を天帝の水を授かる傘ととらえ、里芋の葉に溜まった

夜露で墨をすって文字を書くと、願いが叶うとされている。

 

「乞巧奠」が七夕の節供に変化していったが、もともとは七夕と書いて

「しちせき」と読んでいたとされる。

七夕を「たなばた」と読むようになったのは、日本古来の

「棚機つ女

(たなばたつめ)」の伝説によるそうだ。

 

寄付 「七夕」阪口 一草

寄付
 
 
 
本床 「名所瀧 山比女の のままに おりいでて 
             はたはり比ろき 布引の瀧」大綱 宗彦
    
 
花はこの暑さで店頭で育てている蓮が開きはじめたため、ご披露することに。
それにあわせて、同じく大綱 宗彦の
 
 「蓮を 誰もみな 蓮にならえ にごり江の 
            にごりにしまぬ 心きよさを」を。

本床

本床 其の一



本床 其の二
 
備前 耳付 花入」人間国宝 金重 陶陽が 大きな葉を
どっしりうけとめてくれた。

 

水指 「ガラス 切箔 水指」
光が反射して 切箔が輝く。

風炉、水指

「虹蒔絵 中棗」坂下 雄峰

虹が茶器に登場するのは珍しく感じるが、今回は虹がかかって晴れて
七夕の出会いがかなうように。
 
蓋置 「染付 七つの傘の内」真葛 香山
 
般若 勘渓「春斎釜添 唐銅 鬼面風炉
神々しいまでの美しさ。
 
茶杓 「銘 清音」
 

「銘 石庭 楽 茶碗」

臨済宗妙心寺派大雲山竜安寺住職

松倉 梅枝 紹英(箱書)島 荷平

楽 茶碗
この時期ならではの涼しげな 「ガラス 茶碗」磯谷 正三
 

がらす茶碗
「色絵露草画 茶碗」相模 竜泉

露草 茶碗

「天の川」製 京都 甘春堂を 手付籠に。
店頭の 葉蘭を敷きたかったが、暑さで彩りが今ひとつであった。
 

主菓子
紙風船」製 金沢高木屋を 竹四方に。
中には思わぬ味が隠されていて 楽しい驚きも。
 

干菓子
来月はお休みとなります。
皆様ご自愛のうえ、夏をお過ごしください。